カレー記念日

陸マイラー1年生。カレーとマイルで1UPな明日を目指す奮闘記。

無料でビジネスクラスに乗ってパリオリンピックへ行く方法

2024年オリンピックの開催地はフランスパリ決まりました。

少し気が早いですが、パリへ行くのが最もお得な方法は何でしょうか。オススメはビジネスクラスの特典航空券です。ビジネスクラスならエコノミーと比べて疲労度が全く違うので現地に着いた瞬間から全力でオリンピックを楽しるからです。そんなビジネスクラスの特典航空券を実質無料で手に入れる方法を紹介します。

 

 

目次

 

パリオリンピックの基本情報

f:id:currymiler:20170914091500j:plain

 

開催都市 フランス パリ

開会式 2024年8月2日

閉会式 2024年8月18日

参加国・地域数 207(予定)

参加人数 12,000人以上(予定)

競技種目数 28競技 

 

パリまでのお得な行き方。東京ーパリの航空運賃はいくらかかるの?

f:id:currymiler:20170914091639j:plain

旅行にお金はいくらあっても足りません。

オリンピックのチケット、現地のホテル、食事、交通費、そしてパリでお買い物。もしも、日本ーパリ間の移動費を抑えることができれば、気持ち的な余裕が生まれて他のことを楽しむことができます。

 

それでは、航空運賃がいくらするのか調べてみました。

 

Googleで東京-パリの直行便(エコノミークラス)を調べてみると、

f:id:currymiler:20170914132238p:plain

 

エコノミークラスで9万~15万くらいかかります。せまい機内で10時間以上我慢して10万円です。

 

ちなみに、ビジネスクラスの運賃を調べてみると、

f:id:currymiler:20170914132520p:plain

最低50万円という驚愕の数字です。

航空券に50万円払うならエコノミーで我慢する、そんな人がほとんどだと思います。でも、この約50万円相当のチケットをマイルで簡単に手にいれる方法があるとしたらどうでしょうか。

 

それが、航空会社の特典航空券です。

 

費用を抑えるなら特典航空券の1択!実質無料で手に入る!

通常、航空券は現金などで購入します。

一方で、特典航空券とは航空会社のマイルと引換に発行できるものです。分かりやすくいえば、ポイントのようなものです。賢く貯めたポイント(=マイル)でさらにお買い物(=特典航空券)。こんなイメージです。

 

そして、マイルの素晴らしいところは、飛行機に乗らなくてもパリビジネスクラス往復分のマイルを貯められる点です(2017年現在)。

 

航空券の費用が浮けば、気持ちに余裕が出ていつもより少し豪華なホテルや食事、さらにはシャンゼリゼ通りでショッピングも楽しめることでしょう。

 

しかも、エコノミークラスではなくビジネスクラスです。美味しい食事にフルフラットシートで往復の機内のためぐっすり休めます。もう言うことありません。

f:id:currymiler:20170914133643p:plain

f:id:currymiler:20170914133454p:plain

 (ANA公式WEB引用)

 

パリへ特典航空券で行くには何マイル必要なの??

f:id:currymiler:20170914091912j:plain

特典航空券の場合、時期により必要なマイル数は変わります。

 

2017年の場合、

 

往復ビジネスクラス→8~9.5万マイル

往復エコノミークラス→4.5~6万マイル

 

これだけのマイルが必要になります。

 

ローシーズン

ビジネスクラス:80,000マイル

エコノミークラス:45,000マイル

期間:1/5~2/28、4/1~4/26

 

レギュラーシーズン:

ビジネスクラス:90,000マイル

エコノミークラス:55,000マイル

期間:3/1~3/31、5/9~7/26、8/22~12/19

 

ハイシーズン

ビジネスクラス:95,000マイル

エコノミークラス:60,000マイル

期間:1/1~1/4、4/27~5/8、7/27~8/21、12/20~12/31

 

特典航空券の申し込み画面を見てみた

実際にANAの特典航空券の申し込み画面を見てみました。

 

パリオリンピックの開会式は2024年8月2日ですが、特典航空券で予約できるのは1年後までです。なので、今回は仮で2018年8月1日出発、8月10日帰国で見てみました。

 

とっても簡単な3ステップで済みます。

 

①目的地と日付、人数、搭乗クラス(エコノミー?ビジネス?など)を選びます。

f:id:currymiler:20170914073739p:plain

 

②希望する便を選びます。

f:id:currymiler:20170914074901p:plain

 

③おめでとうございます!特典航空券ゲットです!

f:id:currymiler:20170914074839p:plain

 

注意点

・航空券タダだけど、空港使用料などは実費発生!

上のケースだと、25,770円は自己負担になります。これは現金で航空券を買ったときにも発生するので避けることのできないものです。25,770円でパリまでビジネスクラスで行けるならお得!と割り切りましょう。

 

・特典航空券の席は数に限りあり!

申し込みは1年前からできます。狙いが定まっている場合は、特典航空券の枠が満席になる前に一年前から狙いましょう!

 

または、航空会社の上級会員になると特典航空券の割り当て席が普通会員よりも増えて取りやすくなります。

 

 

それでも難しい場合は、貯めたマイルをANAスカイコインへ交換して航空券を手に入れるという方法もあります。マイルよりお得度はガクッと落ちますが、航空券の取りやすさはググっと上がります。

 

 

タダでパリオリンピックへビジネスクラス特典航空券で行く方法!?

f:id:currymiler:20170914092256j:plain

聖典オリンピックの話から、だいぶ胡散臭い話になってきましたが、もう少し話をつづけます。

 

2017.9時点のわたしのマイル138,964は全て陸で貯めました。

 f:id:currymiler:20170905230725p:plain

実際にパリのビジネスクラスに必要な8~9.5万マイルを飛行機に乗らなくても貯めることができました。

 

どうやって貯めたのか?

簡単に言うと、ポイントサイトでポイントを貯めて、そのポイントをマイルへ交換する。これを地道に繰り返しました。

 

わたしは3日坊主が特技です。さらに楽天カードに審査落ちするような男です。そんなわたしでさえも、半年間で欧州ビジネスクラスに必要なマイルを貯めることができました。胡散臭くても貯まるものは貯まるので、もらっておきましょう。

 

ただ、マイルには約3年間の有効期限があるのでご注意を!え、そうするとオリンピック2024年用にとっておけない?

 

大切なのはマイルを貯め方を覚えることです。

一度自転車に乗れれば身体が覚えるように、一度マイルの貯め方を覚えておけば、必要な時に費用を抑えて世界中へ行けるようになります。

 

 

関連記事