カレー記念日とANA陸マイラー目指してみた

陸マイラー1年目のプラチナ会員ホルダー。カレーとマイルで1UPな明日を目指す30代サラリーマンの奮闘記。

【成田空港ユナイテッド航空ラウンジシャワールーム】シャンプーの匂いの向こう側にアメリカを感じた

完全な独断と偏見ですが、シャワーといえば、アメリカなんです。

 

小さな頃からアメリカ映画を観て育ったわたしからすれば、名前は知らないけどかっこいい俳優がひと仕事を終えてシャワーを浴びる、そんなシーンが脳裏に焼き付いているのです。だから、シャワー=アメリカなんです。

 

そして、今回利用したシャワールームはアメリカ系航空会社ユナイテッド航空。初めてシャワーレポートを投稿してから5ヶ月。ついに本命の登場です。

 

  

目次

 

  

 

利用方法

ラウンジカウンターでこう言いましょう。

 

「シャワーを浴びさせてくれないか(ハリウッド俳優を意識して)」

 

ルームキーと冷ややかな視線を受け取ったら、シャワールームへ行きましょう。 

 

シャワールームの様子

アメリカなシャワールームはこんな感じになっています。

f:id:currymiler:20170716123603j:plain

f:id:currymiler:20170717121353j:plain

f:id:currymiler:20170717121403j:plain

f:id:currymiler:20170717111834j:plain

 

ハリウッドの話をしておきながら、写真センスがローカル 級で申し訳ないです。

 

シンプルイズベストなトイレ

 f:id:currymiler:20170716123603j:plain

 

ウォシュレットなしのシンプルトイレです。

同じ成田空港内のANAラウンジのトイレはもちろん、空港内のトイレもウォシュレット付きですが、ここではついていません。

 

 

アメリカ国民性を映したドライヤー 

f:id:currymiler:20170717124806j:plain

日本ブランドのパナソニック製です。

各航空会社がそれぞれ自国ブランドを使っている中で、どうしてユナイテッド航空はアメリカブランドではないのか?

 

良いものは良いと素直に受け入れて取り入れる、人種のるつぼと言われる多民族国家アメリカの国民性がそこからみえてきます。

 

本質を見極めることの大切さ、ティッシュ

壁に固定タイプのため、箱は確認できませんでした。

質感的には、1箱200円くらいで売られているスコッティティッシュとかそんな感じでした。

 

肌を守るために肌に優しいティッシュを使うのではなく、ハリのある肌を維持するための習慣が一番大切なんだ。本質を見失っていはいけない。

そんなメッセージをこのテッシュから感じました。 

f:id:currymiler:20170717111622j:plain

 

アメリカの匂い感じるシャンプー&コンディショナー&ボディソープ

f:id:currymiler:20170717111912j:plain

匂いの向こう側にアメリカを感じました。

ボキャブラリーが貧弱で、そこはただただ申し訳ないのですが、とにかくアメリカってこんな匂い!!そんな感じです。

 

欲しいものは自ら手に入れる精神、アメニティ  

確認できたのは、コームくらいでした。日系ラウンジに比べると少し寂しいかもしれません。

 

しかし、どうでしょう。

 

本当に欲しいものは自分で手に入れるべきなのかもしれません。

 

1800年中盤、金を求めて人々はカリフォルニアへ走りました。

 

与えられるのを待ってばかりいる姿勢を猛省しました。

 

強さ=ベスト? シャワー圧

f:id:currymiler:20170717112223j:plain

残念ながら弱かったです。

 

しかし、ふと思いました。強さ=ベストなのかと。

 

弱さを知って、強さを知る。闇があるからこそ光がある。

 

多様な価値観を認めることが自身の器を広めるのではないでしょうか。

 

まとめ

まさかシャワーを浴びて自身の価値観の狭さに気づかされるとは。

 

ありがとう、アメリカ。

 

 以上、独断と偏見に満ちた成田空港ユナイテッド航空ラウンジシャワールームレポートでした!

 

関連記事