カレー記念日とANA陸マイラー目指してみた

陸マイラー1年目のプラチナ会員ホルダー。カレーとマイルで1UPな明日を目指す30代サラリーマンの奮闘記。

【2017年度ANA特典航空券】アジア路線のオススメ特典航空券ランキングベスト5

日本人の海外旅行先ランキングでアジアは必ず上位に入ります。そこで、特典航空券利用による1マイルの価値が最大となるお得なアジア路線はどこなのか、ベスト5を調べみました。
 
特典航空券って?こちらをご覧ください。

 
 
 
まずは検索条件から。
 
・運賃
ANA公式WEB 正規運賃
2017年4月1日~2018年3月31日出発 2016年11月9日以降購入分
 
・出発地 :東京
 
・対象地域:アジア
*サッカーワールドカップ最終予選方式でオーストラリア、ニュージーランドをアジアに含めました。
 
・必要マイル
 

f:id:currymiler:20170118214538p:plain

  
・シーズン
 
アジア
L ローシーズン
2017年4/1~4/26、5/9~6/30、12/1~12/21、2018年 1/8~1/31
 
R レギュラーシーズン
2017年1/21~3/31、7/1~8/3、8/22~11/30, 2018年    2/1~3/31
 
H ハイシーズン
2017年4/27~5/8、8/4~8/21、12/22~12/31, 2018年    1/1~1/7
 
オーストラリア、ニュージーランド 
L ローシーズン
2017年4/1~4/26、5/9~5/31, 2018年    1/8~2/28
 
R レギュラーシーズン
2017年3/1~3/31、6/1~7/27、8/22~12/21, 2018年    3/1~3/31
 
H ハイシーズン
2017年4/27~5/8、7/28~8/21、12/22~12/31,2018年    1/1~1/7
 
これらの基準で検索してみました!
検索方法はいたってシンプル。ANA公式料金表をみながら、ひとつひとつ必要マイルを割って1マイル価値を計算していくというアナログ方式です。
 
我ながらヒマ人だなと思っています。週5で勤めております、念のため。
 
それではランキングをご覧ください。
 

第5位 ニュージーランド(オークランド) 1マイル価値17.42円

f:id:currymiler:20170118214029j:plain

搭乗クラス ビジネス
正規運賃 1,132,000円
必要マイル 65,000
シーズン L
フライト時間 10時間30分
 
羊飼いとラグビーのイメージです。
羊飼いといえば、「行け!稲中卓球部」を思いだします。
リオオリンピックの卓球で日本チームが大活躍してたときも、稲中おもしろかったなーと一人思ってました。
 

 
 
前世は羊飼いだった人もそうでない人も「善き羊飼いの教会/テカポ」はオススメスポットです。名前のとおり羊飼いの教会ですが、見どころは周辺に広がる圧倒的な大自然と夜の空に広がる壮大な天の川です。

f:id:currymiler:20170118220731j:plain

 

第4位 中国(重慶) 1マイル価値18.20円

f:id:currymiler:20170118213932j:plain

搭乗クラス ビジネス
正規運賃 637,000円
必要マイル 35,000
シーズン L
フライト時間  7時間40分
 
中国で激辛料理といえば重慶です。
ココイチカレーで3辛が限界のわたしにはとうてい無理ですが、10辛まで行ける奇跡の人は訪れてみては。 
 

第3位 インド(デリー) 1マイル価値18.73円

f:id:currymiler:20170118213517j:plain

 
搭乗クラス ビジネス
正規運賃 1,030,000円
必要マイル 55,000
シーズン L
フライト時間 10時間20分
 
 デリーから200kmで新・世界七不思議「タージマハール」へ行けます。じっちゃんの名にかけてこの不思議、解いてみませんか?
 
タージマハールの何が不思議なのかよりも他の新・世界七不思議はどこか気になる方はわたしと同じ性格かもしれません。
 
新・世界七不思議
・タージマハール(インド)
・コロッセオ(イタリア)
・チチェン・イッツァのピラミッド(メキシコ)
・マチュピチュ(ペルー)
・コルコバードのキリスト教(ブラジル)
・万里の長城(中国)
・ペトラ(ヨルダン)
 
ちなみに新・世界七不思議の最終候補には修学旅行の定番、京都の清水寺もありました。マイルとかけ離れてきたのでランキングに戻ります。
 

第2位 中国(成都) 1マイル価値18.89円

f:id:currymiler:20170118212929j:plain

搭乗クラス ビジネス
正規運賃 661,000円
必要マイル 35,000
シーズン L
フライト時間 6時間45分
 
お隣中国といっても中国は広いですね。成都は中国西部なのでフライトは約7時間かかります。この都市にはパンダの繁殖地もあるようです。パンダ好きはぜひ訪れてみては。
  

第1位 インド(ムンバイ) 1マイル価値19.60円

f:id:currymiler:20170118213758j:plain

搭乗クラス ビジネス
正規運賃 1,078,000円
必要マイル 55,000
シーズン L
フライト時間 10時間40分
 
インドへ行った人の多くはアジアの中でもインドは別と言っています。それがどんな意味なのか。実際に行ってみた自分の肌で感じてみはいかがでしょうか。
(イメージは実際のムンバイと異なる場合があります)
 
 
結果の一覧表はこちらです。

f:id:currymiler:20170118193134p:plain

 

まとめ 

いかかでしたでしょうか。
1マイル価値がお得になるのはこれらの路線でした。気に入った路線があれば行くものいいですし、マイル価値を気にせず好きな路線へ行くのも良いでしょう。
自分で貯めたマイルはあなただけのものです。好きな路線で好きなように使うのが自分にとってもマイルにとっても一番幸せな使い方です。
  

関連記事