カレー記念日

陸マイラー1年生。カレーとマイルで1UPな明日を目指す奮闘記をメキシコからお送りします。

目標マイル獲得に向けてソラチカルートの最短スケジュール表を作ってみた

当初貯めたポイントはすぐにANAマイルへ移行できると思ってました。

ところが、複数のポイントサイトを経由する必要があるようです。「今日からANAマイルにします」っていう宣言制にすれば良いのに。

 
今年の目標は年末までに162,000マイル貯めることです。そのためにはどんなルートで交換するのがベストなのか検討してみました。

 

目次

 現状と目標

・ハピタスポイント状況f:id:currymiler:20170103180439p:plain

利用可能残高 20,100ポイント

判定中残高 69,742ポイント

悲しいことにハピタスでクレジットカード案件のものはありません。全部審査落ちです(涙)ポイントの大半はFXです。

・今年の目標 162,000マイル

メトロ⇒ANAマイルへの1ヶ月の上限は18,000マイルのため、162,000マイル貯めるには9ヶ月間毎月積算する必要があります。そして、そのためには元手としてハピタス18万ポイントが必要になります。

 

ANAマイル積算開始 4月~12月 (9ヶ月間)

積算マイル 18,000×9ヶ月=162,000

必要ハピタス 180,000ポイント (159,900ポイント不足  2017.1.3時点)

 

スケジュール表を作る前に不足分159,900ポイントをどうすんの?って感じですが、とりえあず本記事では今年までに162,000マイル貯めるスケジュールを考えてみます。 

ハピタスのポイント交換基本情報

まずは、ポイントの交換先や有効期限、移行日数など基本情報を確認していきます。 

・ポイントの有効期限

なし。(ただし、12ヶ月間ログインがないとアカウントが失効。)

 

・ハピタス⇒交換先(*1)への移行日数

3営業日以内(土日祝除く)。 [(*1) ハピタス堂書店、zotoは適時交換される]

ポイント移行例:申請日 月曜日 交換完了日 木曜日

f:id:currymiler:20170103183212p:plain

「出典 ハピタス公式HP よくある質問(ヘルプ)」

・ハピタス⇒交換先一覧

・Amazonギフト券

・iTunesギフト

・nanacoギフト

・楽天Edy

・Web Money

・Bit Cash

・Pexポイント

・NetMile

・ちょコムポイント

・Mobageモバコインカード

・ドットマネーギフトコード

・各種銀行/信用金庫/ゆうちょ銀行

・ハピタス堂書店(本・CD・DVD)

・zoto(ゾートー)

(2017年1月3日時点)

 

けっこう色々あるんですね。お小遣いとして現金交換もアリかなって思います。

でも、マイルと円の価値を比べればマイルが圧倒的にお得なのでマイルがベストです(いつか記事にします)。それでは、どのルートでマイルへ交換するのが良いのか見ていきましょう。

 

陵マイラー的にはどのルートがいいの?

いきなり結論ですが、ソラチカルート一択です。(全部先輩陸マイラーの受け売りですが)

・ソラチカルート

ハピタス⇒.money/PeX⇒ソラチカカード⇒ANAマイル

f:id:currymiler:20170103220926p:plain

メリット

・ポイントの交換比率が最も良い(2017年1月3日時点)。

[例:20,000ハピタスポイント⇒18,000マイル(0.9倍)]

たとえば、他のルートだと交換比率が0.5倍です。それに比べてソラチカルートは0.9倍。実に素晴らしいです。私自身も早くソラチカルートでANAマイルを獲得してこの素晴らしさを実感したいところです。

 

デメリット

・移行日数が長い。

・移行上限あり。2万ポイント(18,000マイル分)/月。

 

ソラチカルート 経由ポイントサイトの基本情報

 各ポイントサイトの公式HPの情報はご覧のようになっています。

.money

ポイント単位 1マネー(=1円)

ポイント有効期限:6ヶ月間

東京メトロへの移行日数:1~2ヶ月

PeX

ポイント単位 10ポイント(=0.1円)

ポイント有効期限:なし。(ただし、12ヶ月間ログインがないとアカウントが失効。)

東京メトロへの移行上限:1,000,000P/月

東京メトロへの移行日数:最大2ヶ月

東京メトロ

ポイント有効期限:最長2年間

ANAマイルへの移行上限:20,000ポイント/月

東京メトロへの移行日数:1~2ヶ月

 

これらの情報を整理すると、ハピタス⇒ANAマイルまでの移行期間は4ヶ月前後となりそうです。気が遠くなりそうですね。しかし、陸マイラー先輩が築き上げた道は偉大です。なんと先輩たちのおかげで移行期間を圧倒的に短くすることができるのです。次の段落をご覧下さい。

 

ソラチカルートの最短スケジュール表を作ってみた

陸マイラー先輩が築きあげた道とは、各ポイントサイトの移行の締め日と反映日をしっかり把握することで最短2ヶ月でANAマイルへ移行できる方法です。4ヶ月から半分の2ヶ月へ短縮できるなんて素晴らしいですよね。製造業で納期を半分に短縮できたら、それは間違いなく技術革新です。陸マイラー先輩の自宅にむかって足をむけて寝られないですね。

 

①ハピタス ⇒ .money/PeX  

移行期間:3日 上限:3万ポイント/月

 

②.money/PeX ⇒ 東京メトロ 

移行期間:15日締め翌月11日反映 

 

③東京メトロ ⇒ ANAマイル 

移行期間:12日締め翌月5日反映 上限:2万ポイント/月

 

上記の赤字部分をしっかり守れば移行期間を最短2ヶ月へ短縮できるようになるのです。さっそくスケジュール(1~3月)を作ってみました。

なお、スケジュールは区別できるように色付けしました。

第1陣オレンジ、2陣ブルー、3陣イエロー。

f:id:currymiler:20170104001218p:plain

f:id:currymiler:20170103225240p:plain

 

f:id:currymiler:20170103225219p:plain

f:id:currymiler:20170103225303p:plain


 ご覧のように、ハピタスでポイント交換を初めてからANAマイルになるまでには最短約2ヶ月でいけます!!

 

第1陣 交換申請開始 1月6日 ANAマイル積算 3月5日

第2陣 交換申請開始 2月6日 ANAマイル積算 4月5日

第3陣 交換申請開始 3月6日 ANAマイル積算 5月5日

この結果、当初マイル積算は4月から見込んでいましたが、1ヶ月早い3月からとなれば年末までに貯めるマイルが+18,000の合計180,000マイルとなります。

 

当初のスケジュールの場合

ポイント積算開始:4~12月(9ヶ月間)

マイル:18,000×9=162,000

 

最短スケジュールの場合

ポイント積算:3~12月(10ヶ月間)

マイル:18,000×10=180,000

 

18万マイルの威力

もしも18万マイルが貯まったら何ができるのでしょうか。

・欧州へ二人でビジネスクラスで行ける(閑散期~通常期)

・欧州へ繁忙期でもファーストクラスで行ける

 

一生縁のないと思ったファーストクラスが現実的になってきました。国際線ビジネスCAさんを見てみたいと思ってましたが、いきなりファーストクラスCAさんを見れるかもしれません。

しかし、油断は禁物です。スケジュールはできましたが、合計18万マイル貯めるにはハピタスポイント20万が必要になります。現時点で約18万ポイント不足しています。野球でいえば、0-6で負けてる感じ?サッカーでいえば0-3?

ただ、幸いなことに今年は始まったばかり、つまり試合は始まったばかりなのでこれからどうやってポイントを稼いでいくか考えていきたいと思います。

保険案件、やってみようかなー。

まとめ

・ソラチカルート(ハピタス) ANAマイル反映まで最短2ヶ月

毎月10日までにハピタス⇒.money/PeX

毎月15日までに.money/PeX⇒メトロポイント

翌月12日までにメトロ⇒ANAマイル

翌月5日 ANAマイル反映

・3月からマイル積算すれば12月までに最大ANA180,000マイル貯まる可能性あり

 

関連記事

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


マイレージ ブログランキングへ